2月20日(土)東京競馬場で行われる『第66回ダイヤモンドステークス2016』について傾向データを調べます。
ダイヤモンドS過去5年の勝ち馬(1着馬)の共通点を見つけ出し、今年の勝ち馬探しの参考資料にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

トラコミュ
フェブラリーS(2016)
フェブラリーS データ分析
小倉大賞典(2016)
ダイヤモンドS(2016)
京都牝馬S(2016)

ダイヤモンドステークス 勝ち馬データ傾向

勝ち馬データ注目馬を競馬ブログランキングで紹介中!

詳細項目

◆人気
 勝ち馬5頭は、1番人気(3頭)、2番人気、15番人気から。

 人気は投票終了まで正確なものがわからないので、日刊スポーツのコンピ指数を参考にすると、勝ち馬5頭は1位(3頭)、6位、13位となっています。

 1位

◆馬番
 勝ち馬5頭は、1番、4番、5番、15番、16番。

 馬番1~5、15、16番で。

◆前走着順
 勝ち馬5頭は、1着、3着(2頭)、12着、14着。
 
 前走重賞=3着内、OP=1着

◆前走着差
 勝ち馬5頭中⇒1頭が前走1着
 残りの2頭は⇒負け0.1秒、0.5秒、0.8秒、1.3秒以内となっています。

 重賞で負け0.5秒以内、OP=1着

◆前走人気
 勝ち馬5頭は、2番人気、3番人気、5番人気、6番人気、16番人気。

 前走重賞、OPで6番人気以内

◆前走クラス
 前走重賞から3頭(すべてAJCC)。
 残りの2頭はオープン特別。

 前走G1、G2、万葉S
 
◆前走脚質
 勝ち馬5頭中⇒2頭が前走[追込]から。
 残りの3頭は⇒[先行][差し][マクリ]。

 前走[追込][差し]

◆前走上がり3ハロン順位
 勝ち馬5頭は、1位(3頭)、6位、13位。

 1~6位

◆前走コース・距離
 勝ち馬5頭は、芝2200m(3頭)、芝3000m、ダート1800m。

 芝2200m以上

◆血統(種牡馬)
・3勝
ハーツクライ(サンデーサイレンス系)
・1勝
キングカメハメハ(ミスプロ・Kingmambo系)
King’s Best (ミスプロ・Kingmambo系)

 父がサンデーサイレンス系、ミスプロ・Kingmambo系

☆人気や馬番など現在分からない2項目を除く8項目を登録馬でチェックすると、トップは7項目該当馬で2頭となっています。
トップの7項目該当馬の勝ち馬候補は⇒[B競馬ブログランキング]で公開中です。

 少しでも勝ち馬選びの参考データになれば幸いです。


競馬予想ランキング

スポンサーリンク